スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

占い師に占ってもらう意義

Q:携帯サイトやインターネットで自動のタロット占いがありますが、あのような占いと、タロット専門の占い師さんに占ってもらうのは同じことですか?


A:基本は同じですが、二つの点で違うと考えます。
 基本が同じというのは携帯サイトでも、自分でカードを引いても、占い師が引いても
当たるだろうということです。これは、結局は同じカードになるということではありません。占いをする人、占った場所や方法、占いを行った時間といった状況がすでにちがうので、まったく同じ条件で占っているのではもともとないわけです。しかし、それぞれの占い師が解釈するとき、占ってもらった人に適切なアドバイスができるようにカードが示されるので、いずれにしても、タロット的には当たっていると言えます。
 異なる点は二点考えられます。
 まず一つ目は、タロットはカードから解釈しなければならないということ、つまり、自分で引いたり、携帯サイトでやった場合には、解釈するのは自分になるわけです。すると、解釈の幅は自分がすでにもっている素質からしかでてきませんから、結局、自分で何か悩んで解決しようとしていることとあまり変わらないという結果になることがあります。まず、カードについての知識がないと 解釈のしようがないということもありますが、知識があってもそうです。
 たとえば恋愛がうまくいかないとして、それがなぜなのかと占えば、なんらかのカードが出るでしょう。そこで、たとえば男性をあらわすカードが逆に出たとして、それは彼を意味してると考えられる。彼のどこかが問題とか、彼が何かに不満を持っているといったことを意味するわけです。すると、自分で思い当たるところを答えにもってくるでしょう。しかし、それはもともと思い当たるところなので、はじめから自分自身が知っていたとも言えます。しかし、本人が意識し注意するようになれば、自分占いの効果ありというわけです。しかし、自分の中にあった答えしか出てこないので、新たな気づきとか、占いという神秘性はあまり感じられず、本来占いがもっているパワーの恩恵にはあまり期待できないでしょう。
 占いでは象徴的な言葉で答えが出されることがあるのでご本人はそこから言葉の力を授かります。自分の言葉でなく他者からの言葉であれば自分になかった力を得られるでしょう。これが第1の違いです。
 第2の違いは占い師に占ってもらうという行為が非日常的行為であるという点です。いつもとちがうことをしてみる。それがリアルな世界での出来事であれば、現実的な影響を受けます。第2の力がそこで働きます。有料占いならば、現実に経済活動にも関わっているわけですから、現実に与えるインパクトが強くなります。無料占いの場合は何度でも繰り返して占ってしまうことが多く、結局なんにもならないということはよくあることです。
 この一点にかけるという意気込み、真剣さが自分自身を動かす力となるのだと私は考えます。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

AYANE TAKASHIMA

Author:AYANE TAKASHIMA
母方の祖母がドイツ人のクォーター。祖母はジプシーの出身で、幼い頃祖母からタロット占いを教えられた。祖母ゆずりの霊感をもつ。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。